企業情報

環境への取組み

再資源化への取組み

日産自動車は、中期環境行動計画「ニッサン・グリーンプログラム2016」において、エネルギーや資源の使用効率を高め循環を促進させることで、企業活動による環境への負荷低減や、資源利用と生態系サービスとの共存を図ることに取り組んでいます。
その中で新たに採掘する天然資源の最小化を重点活動のひとつに定め、2016年度までにクルマ1台あたりの再生材使用率を25%に向上させることを目標としています。

日産トレーデイングは、リサイクルビジネスの領域で培った知識や経験を活かしてこの目標を後押ししており、特にクルマの生産時に発生する鉄スクラップやプラスチックのリサイクルに力を入れています。
鉄スクラップは、1500℃の熱で溶解して成分を調整し、エンジンや足回りの自動車部品に再生されます。プラスチックは異物を除去した後細かく粉砕し、さらにペレット加工を施したうえで、さまざまな自動車部品に再生されます。

このように(端材として)発生した鉄やプラスチックを自動車部品の原材料として再資源化することにより、日産トレーデイングは廃棄物の削減と天然資源の使用量の削減に取り組んでいます。

  • 回収バンパー
  • 樹脂再生工程
  • エンジンアンダーカバー