企業情報

CEO挨拶

質の高いサプライチェーン・マネージメントと付加価値のあるサービスの提供

日産トレーデイングは、1978年に日産自動車の全額出資子会社として設立し、自動車関連の部品、原材料、資材、機械設備、及び完成車両のサプライチェーンとトレーディングを担う自動車メーカーの商社として成長してまいりました。

自動車産業のグローバル化に伴い、それを支えるサプライチェーンの重要性が益々高まっています。私たちは“Creating Value – Globally”のビジョンのもと、お客様のニーズにあった新たなビジネスモデルを創造し、質の高いサプライチェーンマネジメントと付加価値のあるサービスを提供することを使命にしております。

2011年度にスタートした中期経営計画「NITCO Innovation Challenge」では、お客様のグローバルな事業展開をサポートするために魅力的なビジネスモデルの創造と提案に努め、それを支えるグローバルな事業基盤の強化にも取り組んでいます。従来の米州・欧州・中国・タイ・韓国に加え、インド・インドネシア・ブラジルに拠点を設立し、2014年12月にはロシアのサンクトペテルブルグにも駐在員事務所を開設しました。

これら海外拠点と連携し、「真のグローバル企業」として全世界のお客様により魅力的なサービスをご提供すべく、2015年4月に日産トレーデインググループの組織を改編しました。日産トレーデイング株式会社は、海外関連会社を含めたグループ全体を統括するグローバル本社機能を担い、国内子会社のニトコビジネスソリューションズ株式会社は、日産トレーデイングジャパン株式会社に生まれ変わって日本事業の深化、拡大を目指します。

私たち日産トレーデインググループは、全世界約1,200人の従業員一人ひとりがお客様の視点に立ち、付加価値のある魅力的なサービスをご提供することにより、グローバルな舞台でお客様とともに成長する革新的でダイナミックな企業でありたいと考えています。

今後とも皆様のご指導およびご支援を、心からお願い申し上げます。