事業内容

自動車ビジネス

自動車グループは、日産自動車の輸出業務の一部を補完する目的で、1978年から業務を開始しました。輸出業務のなかでも特殊な分野での経験・ノウハウを活かし、現在では国連、アジア、大洋州、アフリカ等の市場で、マーケティングから代金回収までを一貫して行っています。
車両販売からアフターサービス対応まで、日産自動車の輸出機能の一部としての明確な役割を担っています。

  • パプアニューギニア配給会社のワークショップ
  • 援助機関の活動に不可欠なプロジェクト用車両

顧客への直接販売

国連機関、国連平和維持活動(PKO)、国際援助団体(政府機関・NGO)、国際協力機構(JICA)、外務省・外交官等のお客様に対して、直接営業活動を行い、生産手配、物流からアフターサービスまで一貫してサービスを提供しています。

小規模国の日産正規配給会社への販売および販売支援

アジア・大洋州・アフリカ等の小規模国の日産正規配給会社への販売を、日産自動車に代わり、マーケティングから受注、生産手配、物流、代金回収まで行なっています。

研究車・試作車の輸入

海外の日産生産・開発拠点からの研究用試作車、研究・開発・実験用の海外ブランド車の輸入を行なっています。

日産の海外生産拠点からの輸出業務

日産自動車の海外生産拠点で製造された完成車両の販売・輸出を、欧州(アムステルダム)、米国(ナッシュビル)、タイ(バンコク)等の日産トレーデイング海外現地法人を通じて行い、日産自動車のグローバルな拡大に貢献しています。