事業内容

部品ビジネス

自動車部品調達のグローバル化に伴い、物流効率の重要性が求められています。1978年の会社設立以来、日産自動車並びに日産自動車に部品を供給する部品メーカーが、海外から部品を調達する際の輸出入を数多く手がけて参りました。 試作部品から始まり、量産部品、そしてサービス部品を、日本への輸入はもとより、さらに海外への輸出、外国間を結ぶ3国間貿易など、これまでに培ったグローバルなトレード&ロジスティックスの専門知識とノウハウを活かし、今では日産グループはもとより、グループを超えたお客様に最高効率、最適価格による付加価値のある質の高いサプライチェーン・マネージメントを提供しております。

世界に広がった各拠点には、在庫を保管する倉庫を有し、海外からの購入品をあたかも国内で購入するかのように、物流リードタイムを最大限に短縮し、必要最小限の在庫で生産ラインをつなぐ生産管理システムとノウハウを駆使し、緊急対応も含め、お客様のあらゆるニーズに対するソリューションを提供致します。

  • SCM拠点のひとつ、日産トレーデイング・コーポレーション・アメリカズ
  • タイ・レムチャンバンの倉庫にて梱包作業